いよいよリンゴ作りの始動です
会議

いよいよリンゴ作りの始動です。
と言っても、剪定は未だで、枝1本落としていませんが....^^;

今日は今年1年間に散布する農薬の資材選定という大事な会議でした。
県の防除所、普及所、そして最近まで国の機関だった独立法人などから偉い先生方にもご出席頂き、アドバイスを頂きながら選定しました。
毎度書き込んでいる通り、当果樹園では県が認めている農薬の半分のカウントで栽培して行きます。
そのために薬剤の選定はかなり難儀な作業になります。

ここに来て温暖化の影響もあって、従来北国では見られなかった病害虫が発生したりなど、なかなか気の抜けない内容の濃い会議だったりします。
農薬カウントが半分なら、農薬代が安くていいですね!などと思われがちですが、実は一般栽培より高くなってしまいます ^^;
なぜにそんな事が....とか思われるかも知れませんが、農薬を減らした分を農薬以外の資材に振り向けなければならなかったりするからです。
例えば、殺虫剤の代わりにコンフューザーという資材を使います。
これは特定の害虫の雌の匂いを染み込ませた材で、これにより交信を攪乱させ、次世代の害虫の発生を減少させるとか...
その材が、実は農薬よりかなり高価だったりするのです。
しかしながら消費者の皆さんにも自然にも、加えて生産者にも優しい環境の中で生産して行く方向を目指しているわけです。

昨年の夏の猛暑と乾燥が今年の花芽にどれだけ影響しているのか、非常に悩ましい年になりそうですが、今年も『ふれあい果樹園』のリンゴを待って頂いている皆様のために精一杯頑張って参ります。
コメント (0) Edit

<< 松も取れましたね | | 雪ですねぇ ^^; >>

Comment












TrackBack
URL: