紅玉が色付いて来ました
今、果樹園では紅玉の葉っぱの摘み取り作業をしています。
何度も書いていますが、葉の陰の部分は色付けなくて青いので、満遍なく着色させるための作業です。
我が家には2種類の紅玉が有り、この写真は『ロイヤル紅玉』と呼ばれる品種です。
この品種は葉陰でもある程度色付きが良く、見た目、綺麗な感じの品種です。
が、ちょっと皮が固く酸味が若干強く、果汁もやや少な目です。
そのまま食べたら、従来から有る品種の方が、私は美味しいと思うのですが、管理が楽で、その上JAに出荷すると、見た目が美しい、この写真の品種が高価に販売されます。^_^;
ふれあい果樹園には、150本余りの紅玉が有るのですが、この品種の木は3本だけですね。
管理が楽で、価格が高い・・・だったら、もっと増やした方がいいですよねぇ・・・^_^;
アップルパイにしたり、ジュースにするんだったら、あまり違いは分かりませんしね。
でも、ふれあい果樹園の紅玉は、そのまま丸かじりして欲しいんですよぉ。
私の年齢だと、紅玉が本来のりんごという気がします。
大きさも手頃で、皮ごと丸かじりすると、その瞬間、ふと、子供の頃の1シーンがフラッシュバックします。
だから写真のロイヤル紅玉が増やせないんですねぇ・・・ ^_^; だからお金持ちになれないんですねぇ・・・・^_^;
コメント (0) Edit

<< 秋です | | 雨です >>

Comment












TrackBack
URL: